税理士のサポートの必要性

会社設立が終わると、税務署へ税務の届出を行う必要があります。さらに、毎月の会計貴重関係ですが、これも複式簿記にてすべての取引仕分けを記帳していかなければなりません。そのため、帳簿がないですとか、複式簿記で記帳していないなど、言い訳は通りません。

税務署に知られてしまった場合、追尾課税という名の請求が来てしまいます。いずれにしても、記帳は事業者の義務であり、記帳義務を果たさなければ正当化する手段はありません。そのため、税理士のサポートが不可欠となり、必ず必要となってきます。

毎月の外注費を削ろうとして、利益の出ない経理作業に大幅に時間をとられたり、税務署への不安を募らせながら、適当に貴重や領収書保管をするよりも、とられてしまう税金を圧縮しつつ、事業者としての義務を果たさなくてはなりません。相することにより、税務署からの不安からも解放されて、面倒な貴重や決算事務に関する一切は、専門家に依頼してしまった方がいいです。営業上はもとより、精神衛生上もいいと思います。

税理士に頼むことで節税、リスク回避につながり営業にも全力を注ぐことが出来ます。結論としては、会社設立は税理士を顧問につけることがお勧めされます。税理士に頼むことは良いことずくめなのです。