税理士の仕事

新しく会社を設立しようとしている経営者は、税理士がどのような仕事をしているかなどをまったく知らないという場合がとても多いです。今回は、税理士の仕事について簡単にご紹介したいと思います。会社設立時にまず考えるべきことの一つが、社長の給料です。役員報酬を高くしすぎると個人の所得税が高くなりますし、反対に少なくし過ぎることで会社の利益が多く出てしまい、多額の法人税がかかってしまうケースもあります。しっかりとした税理士に依頼すれば、適切な役員報酬を教えてくれるはずです。

税理士の仕事は、普段からもさまざまありますが、実際のところは決算の占める重要度が非常に高いです。実際に会社を経営するにあたって税理士に経理を依頼する場合には、決算に関してどのタイミングでどういった打ち合わせをして決算書を作成するのか確認ができます。決算の直前になって対策をしても、節税は間に合わすことが出来ません。そのため、税理士がいなければ何も出来ません。

こういった理由から、良い税理士を探すときのポイントとして、レスポンスの速さがあげられます。依頼する前には、レスポンスが早い人かどうか、事前に見極めることが重要です。それが会社設立に最も必要なことといえるでしょう。